半月板損傷は両足の激痛と関係ありますか?

半月板損傷は両足の激痛と関係ありますか?

 

半月板損傷がひどくなると、
両足に激痛が発生することがあります。

 

損傷したほうの足だけでなく、
逆の足にも痛みが出ることがあります。

 

 

軽度の半月板損傷であっても、
手術が必要なタイプのものであっても、
カラダのバランスが崩れるようになります。

 

膝の痛みをかばうようにして、
逆側の足に体重をのせるようになるので、
強い痛みが逆側にも出てくることが多いです。

 

気をつけないと、
腰や背中などにも症状が出ますし、
足のしびれなど別の症状も出ることがあります。

 

半月板損傷の痛みだけでなく、
複数の症状が同時多発的に発生して、
色々な痛みを起こす方が多いですよ。

 

 

軽度の損傷であれば、
接骨院でも治療は可能です。

 

ねんざの治療と同様のことを行って、
半月板に加わったダメージを軽減して、
痛みを改善するようにします。

 

半月板に傷がついてしまったような
激しい損傷の場合には、
接骨院では治療することはできません。

 

病院での治療が必要ですし、
時には手術が必要になります。

 

 

両足に痛みが出ている場合は、
半月板損傷以外にも治療する必要があり、
全身の筋肉や関節を治療する必要があります。

 

特に多いのが太ももの筋肉に負担が入り、
太ももや股関節・腰に痛みが起こり、
症状が出てくるケースです。

 

状態にもよりますが、
太ももの治療は必須だと思います。

半月板損傷でお困りの方へ